睡眠と規則正しい食事

私が美容の為に気を付けている事はありきたりですが睡眠時間をたっぷりとる事と規則正しい食事です。

食事は野菜を中心の薄味を心がけています。

夜も12時前にはお布団に入るようにしています。

後は身体や顔の保湿や紫外線から守る事です。

お風呂上りにはすぐに体にボディローションをぬって保湿します。

お天気の良い日は帽子や日傘で紫外線カットしています。

顔はナノケアスチーマーを使って保湿しています。

これを使うようになってから少し肌のきめが細かくなってようです。

髪も同様にあまりパーマやヘアカラーで痛まない様に注意しています。

生え際に目立って来た白髪はヘアマニキュアで優しくカバーしています。

後は週に二回は最寄りのスポーツクラブに通ってヨガやマシントレーニングをしています。

毎日、眠る前には簡単なストレッチと筋トレを忘れません。

生活の中で気を付けている事は無理しない事とストレスをためないようにする事です。

今は母の介護もありますが時々、フラワーアレンジメントなどの趣味にも出かけて気分転換をしています。

 

食事の内容に気をつけています

美容と健康のため、食事については日頃から内容やカロリーなどに気をつけるようにしています。

食事は和食を中心として、ダシをきかせた薄味になるようにしており、最近は塩分量も気にするようになりました。

市販のレトルト品は手軽に利用できるのですが、多くの添加物などにより味が濃いめのものが多く、次第に濃い味に慣れてきてしまっているところがありました。

そんな時、雑誌の特集で塩分量を控えるというテーマが掲載されており、味付けはできるだけ薄く、塩の量は意識しながらメニューを構成するなど、参考になる話が多かったのです。

家族の好みの味つけにしようとすると、やはり個々の希望の味に近づけようと、調味料を増やしてしまいがちなのですが、こうした特集を読み、レシピを参照すると、家でも作れそうなメニューがいろいろと掲載されていました。

マヨネーズの代わりにオリーブオイルなど、代用品でカロリーオフにできるなどのアレンジも可能なので、ドレッシングを作ってみたところ、さっぱりとしたテイストで家族にの好評でした。

少しの工夫でカロリーオフや調味料の使用料の削減など実現できるので、今後もなるべくそういったアイディアを活用していきたいと考えています。

 

私が普段心掛けていること

美容のために気をつけていることは、メイクはできるだけ早めに洗い流すようにしています。

肌が弱いせいもあり、季節の変わり目などかぶれやすいので、帰宅後すぐにメイクを洗い流しています。

外出時は、紫外線を浴びないように、日傘、もしくは、帽子を深々とかぶって出かけています。

また、一週間に一日はノーメイクで過ごします。

肌にも休息日が必要だと思っています。

毎朝、朝起きたらまず、はちみつと生姜をお湯で溶いたものを飲んでいます。

たいてい私は喉の痛みから風邪をひくので、喉にやさしいとされるはちみつと生姜を飲むようにしています。

これらを飲むようになってから、喉の痛みなどはなく、便通も良かったように思います。

また、夜は11時から2時の間には寝るようにしています。

11時から2時の間はスリーピング美容と聞いて、この間に寝ることがお肌に良いと聞いたので、実践しています。

お酒も極力飲まないように気をつけています。

味噌汁や納豆などの発酵食品をたべるよう気をつけています。

投稿日:
カテゴリー: 健康

女子力アップを目指すなら、やはり「料理」は欠かせない

私の職場には数名若い男性が在籍しているのですが、彼らの特技は料理です。

3名それぞれ得意分野があり、一人はパスタのバリエーションが多く、一人は中華が得意、もう一人は和食の達人です。

特に、和食の達人男子は、家庭の一般的なメニューはもちろん、おせちやスウィーツまで作って職場に持ってきます。

彼の作ったおせちの見た目も素晴らしいですし、味も美味しいので毎年1月1日に仕事をしているスタッフには好評です。

今時、料理男子は珍しくないのですが、女性として敗北感を感じているのは私だけではないはずです。

料理男子は「男子」なのに女子力が高いと感じると言うことは、自分の女子力を上げる為にはやはり料理の腕を上げる事が必須かもしれません。

昔から「男は胃袋を掴め」と言いますので、男性から女子力が高いと思われるには料理が欠かせないと思いました。

これは、仕事が忙しくて夜遅い帰宅だから料理なんてできないと言い訳をしている場合でなさそうです。

 

美容ローラーでマッサージ

美の大敵、セルライト。

脂肪と老廃物が固まり、運動しても落ちず、また見た目もボコボコしていて厄介ですよね。

エステなどでも、このセルライト除去のコースがたくさんありますが、とても高いし続けられないと意味がありません。

そんな時は、マッサージ用のローラーでコロコロします。

毎日継続して行うことが大切です。

美容ローラーも、お高いものがありますが、安いやつでも効果はあります。

痛気持ち良いくらいの強さで、テレビを見ながらや、防水のローラーならお風呂に入りながら等、とにかく毎日短時間でもいいので続けることが大切です。

また、セルライトは血行が悪いとできやすくなってしまいます。

マッサージで血行をよくしても、その効果を持続させる為には冷えは厳禁です。

冷えは美容の大敵なので、おしゃれは我慢!なんてしないで、我慢しないでおしゃれをすることを心がけます。

冷えを解消することでセルライトはもちろん、基礎代謝も上がり痩せやすい身体作りの基本になります。

 

ランジェリーショップに行ったあと

新しい口紅を購入すると女子力が上がる人も多いと思いますが、やはり自分自身の女子力をアップしたのを感じるのはランジェリーショップに行った後です。

私が20歳代の時にはなかったような、色やデザインのランジェリーがたくさんあるのをみると、失われつつある女子力がアップするように感じます。

迷って迷って迷った挙句、等身大の自分に似合うものに出会えたらそれは幸せなんです。

そうそう他の人に見せることのない下着ですが、スポーツジムに行ったときや日帰り温泉に行ったとき、綺麗なファンデをつけているだけで、何か背筋まで伸びて「わたしもまだまだイケる!」と思う自分が愛おしく感じ女子力が高めになりますね。

勝負下着を隠し持っていたころとは、ちょっと違った女子力アップする下着選びは、相手が思わずドキドキしたり、可愛いと思わせるものではなくて、今の自分だからこそ似合う色とデザインを重視します。

ちなみに、ワインレッドで洒落たレース使いのファンデを見つけると即購入しています。

投稿日:
カテゴリー: 健康

自転車生活で健康とお金の節約を実現

私は自転車が好きなのでどこへでも自転車で出掛けます。

10キロ圏内なら自転車で行くことがほとんどで、雨の日以外はほとんど自転車に乗ります。

以前は最寄りの駅まで(10分くらい)行くだけでしたが、健康のため意識的に乗るようにしていたら好きになってしまいました。

距離を徐々に伸ばしていったので、気が付いたら10キロ走れるようになっていた感じです。

自転車生活を始めたおかげでぶよぶよだった脚が引き締まって細くなりましたし、体重も8キロほど落とすことができました。

今まで電車で移動していたのでお金の節約にもなっています。

季節の良い時期はとても清々しい気持ちになるのでストレス解消にもなっています。

紫外線対は必要ですが、最近は便利グッズがたくさんあるので重宝しています。

今はママチャリに乗っているので、今の自転車が壊れたら長距離タイプに挑戦してみようかと考えています。

もっと距離を伸ばしていろいろな場所へ行ってみたいと思います。

 

おやつはナッツとドライフルーツ

小腹がすいたときに食べるおやつは、ナッツとドライフルーツに決めています。

本当はチョコレートとかバターたっぷりの焼き菓子とか好きなんですが、甘いスイーツを食べると必ず肌荒れしてしまうんです(泣)

なので、できるだけそういうものは控えるようにしています。

ダイエットのためにもなりますし。

ナッツはアーモンドやくるみをよく食べます。

抗酸化作用のあるアーモンドは、健康食品として有名ですよね。

くるみは血液をさらさらにする効果があるみたいです。

ちなみにアーモンドやくるみは、無塩のものを選ぶようにしています。

ドライフルーツは、プルーンを食べることが多いです。

貧血気味なので、少しでも鉄分がとれたら良いなと思って。

それにプルーンは食物繊維も豊富なので、お通じが良くなる嬉しい効果もあります。

ナッツやドライフルーツは栄養がありますし、良く噛むので少量でも腹持ちが良いところが気に入っています。

モデルさんなんかでも、ナッツやドライフルーツをおやつにしている方、いますよね。

ナッツとドライフルーツのおやつ、おすすめです。

でも大好きなスイーツも、ときどきは食べちゃいます(笑)

たまになら良いですよね!

 

今日からできる減塩生活

健康のために気をつけないといけないことはたくさんありますが、私が実践しているのは「塩分を減らすこと」です。

塩分摂りすぎは高血圧症のもと!気を付けないと普段の食事は塩分多目のものになってしまいます。

ではここで、いくつか塩分を減らす対策をご紹介します。

 

●味噌汁に入れる味噌を減らす&汁は少な目に

 

塩分の高いとされる味噌汁。

それでも毎日飲みたいなと思うところです。

なので、まずは味噌汁に入れる味噌を少しずつ減らしていきます。

味噌が少なくなることで塩分カットです。

それでも味の濃い味噌汁がいい!という方は、味噌汁の汁部分を少な目によそいましょう。

これで塩分を減らせます。

 

●ハム、ベーコン、魚は必ず湯通しする

 

見逃されがちですが、ハムやベーコンの加工食品は塩分が高いです。

魚もスーパーで買うときには塩での処理がされていることが多く、意外と見落としがちです。

これらを食べるときには調理前に湯通しすることで、いくらか塩分が抜けます。

脂っぽさもなくなるので、さっぱり食べたいときにはおすすめです。

二つ紹介しましたが、それでも塩分とりすぎかな?という時には、カリウムの含まれる食品(じゃがいも、海藻類など)を意識的にとると、カリウムが体内の塩分を排出してくれますのでおすすめです。

他にもまだまだ方法はありますが、まずは手軽にできるものから紹介しました。

今日から早速始めてみましょう!

投稿日:
カテゴリー: 健康