美容のための食事と運動、そしてサプリをプラス

30代も半ばを過ぎると、たるみや乾燥など、若い頃にはそれほど気にならなかった色々な衰えが気になり始めてきます。

髙い化粧品を使うのも、それなりに効果的だとは思うのですが、やはり食生活や運動・睡眠などの基本的な生活習慣をきちんと整えたうえで、スキンケアに力を入れるのが一番効果的で、早道だと思います。

 

どうしても野菜不足になりがちなので、なるべく野菜を多くとるように心がけたり、それでも足りない時は青汁を飲んだりしています。

食生活が乱れていたころより、肌の調子も体の調子も良いような気がします。

肌の代謝が悪いと、それだけでくすみが出たり、荒れやすくなったりするのでなるべく体全体の代謝をあげるように気を付けています。

 

運動不足だと思った時は、なるべく車を使わずに歩く、自転車に乗る。

歩くときも、だらだら歩かず大股で速めのスピードで歩くなど、体を動かすようにすると、汗もかきやすくなります。

運動も質の良い食事も、毎日継続して気を付けることが大切だと思います。

 

また美容のためにサプリメントを探してみたところ、スキンケアに役立ってくれるサプリメントもいろいろとあることが判りました。

そのようなサプリメントをちょっと試してみようかなと思っています。

 

美容液ですとか美容クリームを使ってスキンケアはしていますが、ちょっとそれだけでは物足りないような気がしているのです。

私の肌がそれだけ歳を取った証拠なのかも知れません。

 

高級な美容クリームなど使ってみたいという気持ちもありますが、そのようなコスメは値段もそれなりにしてしまうので使い続けていくのは私には難しいと思うのです。

 

一方、サプリメントであればそこまで値段は高くありません。

いま使っているコスメと併用すればスキンケア効果も相乗効果で高まってくれるのではないかとも思っています。

 

オンラインショップでちょっと調べてみたところ、コラーゲンサプリメントがお試し価格で販売されていました。1日90円程度になるようです。

コラーゲンと言えば高い美容成分として有名です。サプリメントで肌の調子が上がってくれたらスキンケアも楽になります。

コラーゲンのサプリメントを一度試してみようと思います。

投稿日:
カテゴリー: 美容

楽しく年齢を重ねるための努力

エイジングケア、若返り、若作り。

と若さに憧れてしまうのはなんでしょうね。

ふっくらとした頬、シワのない目元。

くすみのない肌。

若い女性の多くは大した美容製品を使わなくても持ち合わせていますね。

そんな若々しさを求めてしまうのはいつもきれいでいたいという女性のシンプルな心なのかもしれません。

世の中がエイジングケアに注目してるの理由はそこですよね。

時々、娘と並ぶと姉妹?と聞かれるんでるよ、みたいな美魔女と呼ばれる人たちを見ますけど、そういう人たちってものすごく努力されているなぁと思うんです。

ただ若く見られる、童顔だけというのではなく精神はしっかりとした大人の女性、でもお肌は20代。

すごい・・・。

なんとなくエイジングケアの美容液とか使ってみたりしてますが、そもそも私はなんのためにこれ使うのかって考えたら最初は正直大した理由はなくキレイって言われたいなぁぐらいだったのですがステキな美魔女にお目にかかり気がつきました。

私は年齢を重ねるのが怖いということ。

このままではしわしわくちゃくちゃになって、いやーーー!と。

なので私は努力することにしたのです。

年齢を重ねても自信を持って日々を楽しむために。

私なりの努力こそがエイジングケアかと思っています。

 

妊娠中はトラブルがつきものなので理想にこだわらず前向きがベスト!

赤ちゃんがお腹の中に宿ると、赤ちゃんが育つようにと一生懸命栄養を摂ろうと積極的になるものですが、思いがけないつわりが原因で、初期の頃はなかなか理想の食事を摂るのが大変だったりするもの。

この時期は無理をせずに母体をいたわることが最優先であり、いわゆる安定期に入り辛いつわりが治まった頃、栄養面や体調管理を意識するようにしました。

妊婦の不足しがちな栄養分といえば、鉄分。

特に妊娠後期に入るとこの鉄分は不足しがちになるようです。

妊娠中期の頃から意識していたのですが、鉄分が含まれる食品が見事に苦手なものばかりでしたので、ホントに悪戦苦闘しましたね。

代表的なものを挙げると、レバーやプルーン、あさりなどになりますが、どれも嫌いな食品でしたが不可欠なものなので極力食べるようにしました。

しかし、後半検診時に鉄分が不足しているとの指摘をされたため、鉄分の錠剤を出産まで飲むことになりました。

できれば食品から摂っていたかったので残念でしたが、鉄分不足になると貧血症状がでたりするので、妊婦にとってはまさに危険。

理想通りにはいかないものだと深く悟りましたね。

こだわらずに臨機応変に対応していくのがいちばん。

 

いつまでも若々しくいたい

私は24歳で結婚し、25歳で出産をしました。

現在30歳専業主婦。

娘は5歳になりました。

晩婚化、出産も高齢化している影響か、娘が通っている幼稚園のママ友は5歳から10歳上の方がほとんどです。

もう30歳、と感じている私ですが若者扱いされる立場におります。

元々美容の専門学校を卒業し、社会人になってからも、ファッション、美容の道にいたため、周りの友人、先輩、上司。

皆美容に気を使い、おしゃれな方ばかりで若々しい方ばかりです。

私はその知人方から刺激を受けいつまでも若々しくいたいと思い日々を過ごしています。

見た目も年齢より少しは、若く見えるかと思います。

幼稚園のママ友の中でもすごく綺麗でおしゃれな方もいらっしゃるし、いかにもおばさんというような見た目の方もいらっしゃいます。

その様な現実を目の当たりにし、現在専業主婦ですが所帯染みたおばさんになりたくない。

より強く思い、少ないお小遣いの中からでも、おしゃれも欠かしませんし、毎日のスキンケアもしっかりしています。

今は最低限しか出来ていませんが、これから迎える5年後、10年後にガタが来ないように。

歳を重ねたときに言い訳したくないので、いつまでも若々しく、綺麗でいられるよう日々の自分磨きは欠かしません。

娘にとってもいつまでも可愛いママと思ってもらえるように。

若々しくいられる自分磨きをこれからもコツコツ積み重ねて行きたいと思います。

投稿日:
カテゴリー: 美容

肌荒れやシワやたるみが気がかりな時には

いくら丁寧に肌の手入れをしていてもうるおいがなかったり、肌荒れやシワやたるみが気がかりな時には、お肌に化粧水などの成分がしっかりと浸透していないことが考えられます。

だから、クレンジングや洗顔の後の肌ケアでは化粧水や乳液や美容液などの成分を確実にお肌の内側まで浸透させてあげることで、もちもちでツヤやハリのある肌にすることができます。

お肌のお手入れで初めに使うローションは、肌に潤いを持たせてあげるための大事な役目をしているのですが、「どうやっても肌に浸透しない」、「手間がかかる」と感じるときには化粧水パックをしてローションを肌に浸透させてあげます。

化粧水のパックをすることで勝手に化粧水がお肌の内部に浸透していくため、水分が失われたことによる乾燥を防ぎしわを食い止めることできます。

一通りのスキンケア化粧品をしっかりと肌の奥まで浸み込ませることは厄介ですが、ローションやミルク、美容液など、どの化粧品も肌につけて伸ばしたら手の平で包むようにして手の温もりを使ってしばらく押さえていると、ふつうに化粧品をぬった時よりもお肌の奥まで化粧品の成分が馴染んでいくので、毎日やっている肌ケアでは必ずするようにしています。

お肌の潤い不足から脂が過剰分泌して、ブツブツに結構悩まされています。

それこそ年齢があがるにつれて、顔面だけでなく、喉のあたりや背中などにもできるようになり、本当にイヤでした。

顔面のにきびは一息つく間もなく発生し続けるので、誰にも会いたくなくなるほどなんです。

専門医にお薬をもらったとしても、ベースの肌質は変わってないためその時は改善されますが、またブツブツが出来てしまうのです。

ニキビが出来る原因を自分なりに調べ生活習慣から変えることにしました。

お肌のターンオーバー周期が乱れていて、毛穴詰まりを起こしてしまっています。

力ずくで絞りだそうとするとお肌が傷むので、洗顔前に温めたタオルで皮フをふやかして、毛穴部分を広げ、その後メイクおとし、フェイスウォッシュの順にやっていきます。

皮脂詰まりが解けやすくなるので、1~2週間ほどで大人ニキビが治まってきました。

フェイスウォッシュの後はかならずむくみ取りマッサージをして老廃物を貯めないようにしています。

毎日のお化粧は、あれもこれもと付けないようにして、薄付きファンデなどでカバーする程度に変えました。

毎日のお手入れをチェックし直すことで、問題が発生しにくいお肌に改善され病院のお世話にもなっていません。

今はこのスキンコンディションを崩さないように、注意を払って生活しています。

投稿日:
カテゴリー: 美容

食品に薬のような効果は期待しない

食品は食品であって薬ではありません。

だから食品にあまり過剰な期待をするのはどうかと思いますが、それでも身体にいい食品だと認められている物を積極的に食べるようにしています。

しかしあくまでもそれは食品であって好きで自由に食べているものです。

たとえば納豆が好きでそれが身体にいいと認められているからと言って、納豆に過剰な期待は持っていません。

納豆を食べるとお腹の調子が整うとか血液がサラサラになる効果があるということに敏感になっていても、その効果を過剰に期待してはいません。

「食事で健康な身体を作りたい」と思う気持ちはわたしの場合かなり強いのです。

身体にいいものを買う習慣がありますし、身体に負担がありそうなものとか添加物がたっぷり使われていそうな食品は神経質なくらい避ける傾向があります。

そんなわたしですが、食事は食事としておいしく食べることが大切だと考えています。

食事でカバーできないところはサプリメントで補助すれば健康への配慮は十分だと思っています。

 

気を付けているのは食生活と運動量

健康のために気をつけていることですが大きく分けて、食生活と運動量です。

私は、お酒もたばこも飲みません。

気をつけていると言いながらも食生活は食べたい物を食べたいだけ、間食もとっています。

これでは健康のためには良くないですが、食べることに制限をかけると私は、ストレスになるので、食べたいときに食べてその分運動量を上げるようにしています。

そんな私の健康診断での現在の体の状態はちょっと体重が標準値より多いですが、特に再検査もないので一応は健康体と受け止めています。

見た目的にやはりスッキリとしたスリムな体型が理想なので、体重を落としたい気持ちをいつも抱えています。

健康促進のために有酸素運動が良いということなので、時間があるときはウォーキングをするようにしています。

あとは、筋トレ。

30歳を過ぎると毎年1%づつ筋肉が落ちていくと聞きました。

しないよりかはした方が良いかなと思い、スクワット、腹筋、背筋、腕立て伏せ、プランクを日々の暮らしに取り入れています。

 

身長を縮ませないために

私が美容のために意識していることは身長が縮まないようにすることですよ。

私の身長は164センチ。

40代なのでその時代の女性としては背が高い方だったのですが最近身長が縮んできたのです・・・。

測り方が悪いのかもしれないけれど、昔は164センチあった身長が最近は163センチに届かないことがあります。

そうかと思えば164センチ近くあったりして日によって多少身長が伸びたり縮んだりしているようです。

一般的に年を取ると身長が縮むと言われていますよね・・・。

それは老化現象の一つとしてどうしようもないことだとわかっていますが私はまだ40代。

この年で身長が縮み始めたら先々とんでもないことになります。

身長を伸ばすためにストレッチを毎晩続けています。

特にどこということは決めず伸ばしたいところ凝っていそうなところを重点的にストレッチで伸ばします。

そして良い姿勢を心がけています。

すご~く背中と腹筋が疲れるけれど縮まないために頑張ってます。

 

肌の乾燥にものすごく敏感に

20代前半は、お土産でパックをもらっても使わずに数年後の掃除なんかで出てきてもなんとなく使うのが嫌で捨ててしまう、なんてことがザラでした。

ですが25歳を過ぎ、完全にアラサーの仲間入りを果たした今、肌の乾燥にものすごく敏感になりました。

今年の秋口、朝起きたときに顔がいつもよりツルツルしている気がする…と言ったら、それは汗をかかない代わりに乾燥しているだけだ、と旦那に指摘され大いにショックでした。

それから、日々の生活ではなるべく冷暖房をかけないよう心がけました。

職場は陽がよく入るところなので冬場はあまり寒くならないのですが、極力暖房をかけず、かけたとしてもこまめに切りに行く、卓上のペーパー加湿器を置くなどしています。

お手入れの面でいえば2~3日に一度はパックをするようになりました。

7枚入り300円など、安価なパックでもして寝ると翌朝の肌の感じがモチモチとして全然違います。

また、ひざ下の脱毛に通っているのですが、乾燥していると施術できないと言われてから脚の肌の乾燥にも気を遣い、顔に使うよりも数ランク下の化粧水でいいので、コットンを使ってふきとり、その後クリームを塗るようにしています。

カピカピが気になる膝やかかとは念入りにクリームを塗ります。

週に一度くらいしかしませんが、冬場タイツをぬいでかきむしるということをしなくなりました。

面倒でもお手入れをするとしないでは全然違います。

苦にならないよう習慣化していきたいです。

投稿日:
カテゴリー: 美容

ヨガできれいを維持していますよ

美容のためにやっているのはヨガです。「ハタヨガ」という基本的なヨガから「スクイーズヨガ」「クイーンズヨガ」など、他にもいろんなヨガを経験しています。

 

スクイーズヨガは身体をねじる動きを中心に行うヨガです。ねじるといってもウエストを無理がない程度ねじるだけなので高齢者でも男性でもできるヨガです。

 

クイーンズヨガはキングとクイーンのクイーンなので女性が取り組みやすいヨガですよ。初心者でもできる簡単なヨガのポーズ中心ですが、ベテランは難しいポーズにチャレンジできます。

 

ヨガってその人その人のペースでできるところが良いですよね・・・。だからヨガを美容法として役立てている女性が多いのです。

 

きれいな女性に「何か美容に良いことやってる?」と聞くとヨガをやっているという答えが返ることが少なくありません。

私もヨガ歴12年。かなりのベテランです。身体も柔らかくなるしヨガ仲間もできるしヨガは現代に必要な美容・健康法ですよ。

投稿日:
カテゴリー: 美容

たるみやしわ、やけどの跡が気になります。

実は、45歳を越えたころから鏡を二度見するほど肌の衰えを感じるようになりました。

だんだんと法令線が深くなって、その深い法令線の横にもう一つ小さな縦皺が出来てしまいました。

この二つ目の皺がとても気になります。

アニメなどでもよく見かける、その小さな皺が「年齢」なんだなぁとつくづく思うようになりました。

また、目の下の薄い皮膚が弛んだようになって膨らんできました。

これも老け顔の特徴でしょうか。

一気に年齢を感じるようになりました。

そんな矢先に料理中に油が跳ねてしまい、小鼻の横に直径1センチ近くの火傷をしてしまいました。

若いころには火傷をしても、すぐに治ってシミにもなりませんでしたが、半年経った今、腕の火傷の後は消えましたが顔の方はうっすらとシミになって残っています。

お化粧をする時には、コンシーラーで誤魔化すのですが化粧が崩れてくるとやはり目立ちます。

年齢を重ねると、その年代らしい衰えも受け入れるべきだと頭では分かっているのですが、見た目は少しでも若々しくありたい。

この気持ちこそが、それなりの年齢になった証拠なのかもしれません。

友人から「姿勢を良くすると、老けているイメージが少し弱くなるらしい」と聞いて、出来るだけ良い姿勢でいるように心がけています。

また、人相学的にも良くないと聞いたので、眉間にしわを寄せないように注意もしています。

40代は不惑といいますが、まだまだ迷ったり悩んだりが多い年代ですね。

 

美人への第一歩!まずはココロから輝く女性に

いつの時代も女性は、美に対する意識が高いものです。

食べ物や睡眠に気を付け、化粧品、メイク、ヘアスタイル…

気を付けることがたくさんありすぎて、疲れてしまうこともありませんか。

美容に対して一番効果があるのは、実は、「心の中から輝くこと」なのです。

例えば、恋をしている女性は綺麗ではありませんか?
仕事を頑張っている女性、美しくないでしょうか?

精神的に安定している、幸福状態にある人は、見た目も綺麗に見えます。

「ストレスを溜めないこと」と近いかもしれません。

「美」というのは、「肌が綺麗」「メイクがお洒落になった」などという、言葉で説明できるものばかりではありません。

内面から輝いている場合、説明できない「オーラ」があります。

綺麗になりたいと思ったら、まずは自分が輝ける場所を探してみて下さい。

恋をするのも勿論良いでしょう。

また、恋や仕事、趣味など、頑張っている人は無意識のうちに体調管理にも気を付けるようになりますし、メイクやヘアスタイルも洗練されます。

美容のための努力はもちろん必要です。

が、あれこれ試してストレスになってしまっては本末転倒です。

まずは精神的な余裕を手に入れること。

これが美人への第一歩です。

投稿日:
カテゴリー: 美容

身体を冷やさないこと

身体を冷やさないことを意識していますよ。冬は当たり前ですが春も身体を冷やさないことをすごく意識しています。春は三寒四温といって冬のような気温になったり春のような陽気になったり行きつ戻りつする季節。天気も安定しないし気温も安定しません。

 

春は薄着をしたり外出が多くなったり油断しがちです。そういうことの積み重ねで身体が冷えるので春こそ身体を温めるように気をつけています。私は春になっても衣替えはしませんよ~。春物衣類を見やすい場所に出しておくだけで冬物はしまいません。

 

湯たんぽも朝晩は特に気温が下がるので必要です。肩用の湯たんぽは身体を素早く温められるので重宝します。肩と首回りを温めると身体の中からほかほかしてきますよ。体温が下がっていると感じたときはすぐに湯たんぽを使って身体を温めています。

 

体温を上げることで病気にもなりにくいですよね。良いことがたくさんあるので身体を冷やさないように気をつけていますよ。

投稿日:
カテゴリー: 美容

肌や髪のケアに気を遣っています

髪や肌の日頃のケアが大切だということが、年齢が上がるにつれて感じるようになりました。

髪は昔はロングヘアにしていたこともあったのですが、最近はボブスタイルにして、美容院へ行く間隔をあまり空けないように通うようにしています。

ボブの場合には伸びていくとスタイルが決まりにくくなってくるため、定期的に行く必要があるということもあるのですが、伸びてしまった部分や傷んでいる部分などをカットしてスタイルを整えてもらうことで、健康的でつやのある髪や地肌をキープできるのだと感じています。

肌は、早寝早起きをベースに、睡眠時間は7時間程度は確保するようにして、夜更かしはなるべく避けるようにしています。

規則正しい生活を送っていると、肌の調子も良く、メイクの時にクマやくすみなどが気になることが少ないので、習慣にしています。

体内に老廃物を溜めないよう、週に1日は食事の量を普段の量の半分以下におさめるようにして、胃腸を休ませ、老廃物の排出を促すようにしています。

スムージーやデトックスのドリンクなどは積極的に摂るようにしており、特にスムージーは繊維も豊富でおなかも満足しやすいので、1リットルほど朝につくり、1日かけて少しづつ飲むことが多いです。

あわせて、リンパマッサージやストレッチなども行い、リンパや血流の流れを促進することで、透明感やハリのある肌になるよう努めています。

 

ほうれい線対策

いつもチャチャっと顔を洗って化粧水など鏡を見ずにつけていたのですがしっかりと鏡を見て驚きました。

ほうれい線ができていたのです。

意外と気が付かなかった自分の顔ですが確実に肌がたるんできているのでした。

ほうれい線を対処するべくクリームなどはないかとあれこれ使ってはみたのですが即効性があるものはなかなか見つけられませんでした。

エイジングケアの物は高価なものが多く即効性が期待できないのであれば自分で何とかするしかない。

ほうれい線に効く顔の体操を始めることにしました。

「ま・い・う」と大きな口で言うと頬が上がってくるとあったのでこれだったら簡単に出来ると思いやってみることにしました。

車の運転をしながらま・い・う、TVをみながらま・い・うこれだったらお金もかからないので続けらえそうです。

毎日続けていま1ケ月ほど経ちます。

少しほうれい線が薄くなってきたように感じます。

少しでも効果が出るとがぜんやる気が湧いてきます。

ほうれい線が消える日を夢見てがんばっています。

 

髪の毛が真っ直ぐすぎて悩んでいます

女性はよくくせ毛で悩んでいる人が多いと思います。

しかし、私は髪の毛が真っ直ぐすぎて悩んでいます。

高校生の頃まではあまり気にしたことはありませんでした。

まわりの友達はくせ毛だから縮毛矯正をしていると言っていました。

私の髪の毛を見て「くせ毛じゃなくていいな」とよく言われていました。

縮毛矯正をすると、美容院代がとてもかかるし、朝のお手入れも大変らしいので直毛でよかったと思っていました。

大学生になると髪の毛を巻くようになりました。

ヘアアイロンできれいに巻くのですが、少し時間がたてばすぐに真っ直ぐに戻ってしまいます。

朝あんなにも時間をかけてセットしたのに、すぐにとれてしまうのです。

ヘアスプレーやワックスをつかってみたこともありましたが、カチカチに固めないとやはり戻ってしまいます。

カチカチだと見た目もおかしいのです。

デジタルパーマなどをかけたこともありますが、3回かけてもかかりませんでした。

今では柔らかい細い髪質の人がとてもうらやましいです。

投稿日:
カテゴリー: 美容

当たり前のことが、一番大切

出産後、毎日バタバタ過ごしていると、美容に気を使うことを忘れていた。

というより、余裕がない。

ある日鏡をみたら、シシシワがっ!!!!たくさん増えてる!!

おまけに、たるみもひどい。

どうしよ~。

すぐに美顔器、朝晩のパック、基礎化粧も時間をかけてやったりと努力したけれど、効果なし。

お金をかけるしかないな。。。

なんて思っていた。

子育ての疲れがたまったので、久々に実家に帰ってダラダラ10日間すごして、そして、また家に帰った。

旦那「あれっ?どうしたの??何かした?」

私「何が?」

旦那「顔が違う。

ハリがあるし、シワが前よりなくなってる!」

びっくりして、鏡をみた。

たしかに~!!肌のハリがっ!!!戻ってる。

でも、正直何もしてない。

基礎化粧も適当に、ダラダラ過ごしただけ。

違うと言えば、たくさん寝た!!!

そう、睡眠をたくさんとったからだ。

化粧品も大切だけど、なにより大切なのは、毎日しっかり寝ること。

今も子育て中で、なかなか思うように寝れないけど。

睡眠をとるだけで、肌が生き返る。

だから、当たり前のことを、まずやらないと、どんなに化粧品にお金をかけても綺麗にならないんだって気が付いた。

毎日たくさん寝ないとね!

投稿日:
カテゴリー: 美容

女子力低下にならないように

女子力アップにはまず、化粧をすることだと思います。

スッピンは楽だけど、スッピンだと服装もだらけてしまうし、女子力低下につながります。

私自身も波があって、スッピンで過ごす日が多い時は、スッピンにジャージでどこでも行けていました。

しかし、全く女子力がなく、気持ちも廃れていたように思います。

化粧をきちんとして、服装もそれなりにおしゃれして日常を過ごすことで、自分の気持ちも楽しくなります。

他にはネイルやアクセサリーをつけるのもいいと思います。

ネイルをしているとそれだけで楽しい気分になります。

アクセサリーもつけたりはずしたりするのは面倒ですが、やはりつけているとオシャレ度が増すと思います。

あとはエステサロンに行ったり、今はやりのスーポーフードを取り入れて、内面から高めるのいいと思います。

外見だけ磨いても仕方がないので、内面の女子力もアップしたいですね。

手作り料理を頑張ってみたり、自分の向上につながる趣味をもつのもいいと思います。

 

美容の大敵は乾燥

とある有名女優さんは一年中加湿器を稼働しているというほど、乾燥というのは美容には良くないのです。

なので、私も一年中とは言わないまでも、秋には早めに加湿器を準備しています。

家の部屋の中は加湿できていても、外に出るとそうはいきません。

なので、私は秋からはよくマスクしたままで過ごしています。

紫外線対策マスクも売っていますし、それだと乾燥と紫外線の両方からお肌を守れて一石二鳥です。

風邪予防と称して、こっそり美容を意識しています。

寝るときも、鼻までは隠しませんが顔には洗顔後にワセリンを塗って口の周りをマスクして寝ています。

これでほうれい線が出来るのを少しでも防げたらいいな、と思っています。

ワセリンは、寝る前には身体の何処にでも使っていてかなりしっとりしているし、変なクリームのように最初だけしっとりしてしばらく塗らないとがさがさになるという事がありません。

朝になっても、お肌がしっとりしたままで嬉しいです。

乾燥しやすい時期は特に、肌が敏感になりやすいのでお肌には不純物は塗りたくないですね。

本当は馬油が良いけれど、ワセリンでも十分なコスパです。

 

健康と食事の大切さ

私は健康と食事には密接な関係があり、どちらも疎かにしてはいけないものだと思っています。

食事といってもいろいろなものがあると思いますが、自分の好きな食べ物だけを食べることがいいこととは限りません。

例えばファーストフードが大好きで、そればかり食べていると栄養が偏って肥満体質にもなると思います。

私は栄養バランスのよい食事をすることが一番いいと思います。

栄養バランスが整った食事をすると、風邪も引きにくくなりますし、肥満や痩せ体型にならずに済みます。

それから、高血圧になったり糖尿病になったりと病気になることも防ぐことができます。

実際に、食事形態を見直してから、健康診断の数値が以前よりも良くなったという人もたくさんいます。

三食しっかりと食べることで、メリハリのいい生活も送ることができますし、しっかりと栄養バランスを考えながら食事をとることは健康にもいいです。

これからも食事をとるときには健康のことを考えて摂取することがいいと思います。

投稿日:
カテゴリー: 美容